ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

朝青龍

別に朝青龍ファンでもないし、相撲も特別ファンではありません。
朝青龍の仮病疑惑は、ちょっと行き過ぎかなと感じています。
確かに横綱としての理想の言動は足りない部分はあるし
そういう部分好きではありませんでした。

しかし、そのことで処罰するなら今までしてこればよかったことだと思います。
でも、今回のことはサッカーしたくらいで仮病だと言えるのでしょうか。


自分の「仕事」としての「横綱」としての力は最大限に
発揮できない痛みがあるなら、休養は大切だと思いますし
もちろん、誤解を生むサッカーはしないほうがよかったと思います。

でも、サッカーは(無理をして)「楽しそうに」できたということも
考えられると思うのです。
私だって体調悪くても、限られた時間なら元気そうに見せることできますし。
撮影の仕事ならどうしようと思う肌の状態でも、
友達と出かけるくらいは平気でできますし。

また、単に友達と遊びでサッカーしたのではなく、
母国に依頼されて、子どもたちを喜ばせるためにやったとのこと。
私にはそこまで責める気持ちになれません。

日本は怪我を押して、力を発揮する美のようなものを求める傾向があり
怪我をしていても、優勝したり、勝てば涙を流して称える
風潮もあります。

もちろん、苦しみを我慢して結果を出すことは結果的には素敵だと思いますが
プロとして、そのどちらを判断するかは本人が決めることですし
どこか痛めていたとしたら、その一度の試合だけならともかく
今後の長いプロ人生を考えると、しっかり治した方がいいこともありますよね。

でも、横綱は負けることもあまり望まれていません。
だから、出場に二の足を踏んだのも分かる気がするのです。

もちろん示しがつかない、また観客の人に誤解を与えた
一部の人にはがっかりさせてしまったという点で
謹慎はしたらいいでしょうけれど。

サッカーは引き受けない方がよかったけれども
症状が「ない」「仮病」とまで言えるか、疑問です。
(もちろんそれを否定できるかも、分かりませんが)
報道の一方的な加熱ぶりにちょっと冷めた目で見てしまいます。


スポンサーサイト
なんでもないこと | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<試写会『私の小さなピアニスト』 | HOME | 紫外線対策何はおる?>>

この記事のコメント

はじめまして、
「サッカーをするくらの体力があるなら、巡業に参加してわんぱく相撲くらい取れたろうと」と相撲ファンなら当然思うはずです。そのファンの気持ちを裏切ったことを問題にしているのだと思います。
巡業はファンが力士と直接触れ合えるチャンスで、相撲協会にとってはファンを獲得する大切な行事です。力士が参加するのは当然ですが、看板である横綱ならなおさら当然のことです。
巡業はファンとのふれあいが目的ですから、取り組みができなくとも、顔をだして握手会ぐらいは出来たはずです。

それと、わすれてはならないのが、朝青龍はすでにイエローカードを受けており、次に問題を起こせば引退することになっていました。
本来なら、今回の騒動で即引退のはずなのです。
これまでに50回以上の暴言を吐き、警察沙汰になるような事件も起こしました。
後輩を半殺しにし、親方にも暴力を振るい、負けた腹いせに相手の車を壊したりと、問題ばかり起こしてきました。
モンゴルのビジネスを優先させて、先代親方の葬儀に出なかったこともありました。
他の親方衆からはなんどもやめさせるように言われていましたが、今の親方が庇ってきたために、今回の騒動が起きるまでになってしまいました。

親方の指導不足もあるかもしれませんが、あの性根はもう直らないでしょう。
はっきりいってチンピラと同じです。付き人にも、奥さんにもしょっちゅう暴力をふるっているようで、離婚寸前までいっているようです。
ヤクザともつきあいがあるような人物はややこしくなる前にモンゴルに帰したほうがいいでしょう。
わたしは、あの傲慢な態度がどうしても好きになれません。
やっと消えてくれるかと思ってましたが、謹慎で住んじゃいましたね。残念です。


2007-08-11 Sat 14:14 | URL | 相撲ファン [ 編集]
レスの付け方が分からないので、ここに。
そうですね、握手会くらいはできますね。
きっと、サッカー自体が問題というより、そういう姿勢が問題視されるんでしょうね。
ある程度、日本人ではないところを差し引いたとしても。

サッカーに関しては私は攻撃されすぎだと感じますが、
いままでの発言や態度などは、私も気持ちよくないと思っています。
相撲の世界は(どこの世界でも本当はそうだと思いますが)
強ければいい、というものではないですものね。
強ければ強いほど、上に行けば行くほど、謙虚で思いやり深くなくては。
そう思います。

いままでの問題は、そのときにもっと厳しく処分できればよかったのですが
横綱がひとりしかいない状態ではそれも難しかったのでしょうね。

見本となるような横綱が出てきてほしいですね。

2007-08-16 Thu 23:25 | URL | sala [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。