ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

京都 建仁寺 庭と龍

建仁寺1


八坂神社や清水寺らへんはまだよく行きましたが、
建仁寺ってそういえば、行ったことがない。
というわけで、北山と三条は今回はやめて
建仁寺へ。

お庭の素敵な寺でした。禅寺って本当にスッキリしてますね。
心もスッキリしそうです。
庭の前の縁側のようなところにただ座って眺めている人、
ソファや椅子に腰掛けている人、
みなさん思い思いの体勢で、ゆっくり庭を見ていました。


この日もものすごく暑く、外を歩くと気分が悪くなる
くらいでしたが、お寺の中は暑いけれども
開け放した窓と風景が気持ちよくて、
日本家屋はこれが過ごしやすい形なのかな、と思ったり。
(でも、私は虫が苦手だから、普段窓を開け放しておけないけれど)

一枚目の写真は、○△□の庭。
マルとサンカクとシカク、で何を表しているのかしら・・・
勉強不足ですみません。

二枚目は潮音庭。
苔が海かしら。岩が波?
そのものスバリは表現の多いバーチャルな世界も多い今の世ですが
想像の余地があるものって、面白いですね。

建仁寺2


三枚目は、平成14年に小泉淳作さんという方が描かれた
天井画、法堂双龍図。

解説のビデオでこちらのお坊さんがおっしゃっていましたが
龍は厳しい法を表すけれども、この画は慈愛も感じると
いうとおり、怖いだけではないユーモラスささえ感じる
龍が二匹、いました。

お寺の天井画のような大作って、なかなか描く機会が
ないと思うので、この方は貴重な経験されたんだなと感じます。
あの大きさで思い通りに描くって、難しそう
・・・と素人の私は思います。

紅葉の季節も景色が美しいみたいなので、
また来たいな。

建仁寺3

スポンサーサイト
なんでもないこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小夏@紙袋好き | HOME | 【ビーズ】人魚の夢>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。