ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東芝デジタルオーディオプレイヤー 日本の伝統色

デジタル機器のカラーの多様化を感じます。
先日気になったのはこちら。

東芝のデジタルオーディオプレイヤー

http://www.gigabeat.net/mobileav/audio/index_j.html



黒ばかりだったテレビやパソコンに
白や赤も入ってきました。

こういう家電で必要なものは、一番はやはり機能でしょう。
いくら可愛くてもいくらお洒落でも
買ってすぐに壊れたら困りますから。

でも、同じ性能と機能、同じような値段のとき、
何が選ぶ基準になるでしょう。
あるメーカーが好き、そういう選び方もあるでしょう。
そして、デザインや色が基準になってきます。

デジカメや携帯もかなり多様化してきましたね。
選択肢があるということは、「楽しい」ことだと思います。
ワクワクします。
自分の洋服やアクセサリーとのコーディネートで
より自分らしさも出せます。

ビジネスに使うから、色はいらないというのは間違っていると思います。
むしろ洋服は会社や職種によっては、抑えないといけないところも
あると思いますが、だからこそ小物で好きな色を使う喜びが
あるのではないでしょうか。
赤いスーツを着れなくても赤い携帯を持つことはできますから♪

上でも取り上げた、東芝のデジタルオーディオプレイヤー

http://www.gigabeat.net/mobileav/audio/index_j.html

ソフトバンクの携帯電話がパントーンでカラフルなものが
出たときも、ワクワクしましたけれど
日本の伝統色という色のバリエーションは
日本人として素敵だなと思いました。

日本で暮らしていてももう、使わなくなっている日本の色名。
あなたはいくつご存知ですか。
色の名前を知っていたとしても、その風景、その植物、
その色合いの由来を知らないことも多いことに気づかされるはずです。

以前、色鉛筆やペンでもありましたね。(今でもあるのかしら)

私はフランスの伝統色の色合いも好きなのですが
日本の伝統色の色合いもすごく好きです。

浅黄、萌黄、牡丹、みなさんご存知の桜。

色の名前ってなんて美しいのだろうと思います。
色は一応規格はありますが、普段は個人の中では多少違いがあります。
もちろん、時代や地方で多少違うことも。
(それを出来るだけ統一して規格があるのですが)

普段使っている色も、ああ、日本の色でいうとこの紫は桔梗色に近いなとか
藤色かなとか、そういう風に感じると、一瞬花のある風景すら
浮かびますよね。
カラーの多様化、そして、日本の色にも目を向ける。
多様化以上の想いを感じます。日本って素敵なところたくさんあるんですよね。

デジタルなものですけれど、アナログな記憶や風景が浮かぶ。
デジタルだからこそ大切なのかもしれません。

あなたはこれから買うとしたら、何色を選びますか?
スポンサーサイト
そのほかカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シャープのアクオスも | HOME | 須磨の海>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。