ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

続・三丁目の夕日のカラー

映画の感想はさておき。(また今度)
私は映画を見ていても、画面の色合いや
登場人物の服の色や組み合わせに目が行ってしまうのですが
今回は小雪さん演じるひろみさんのお洋服の色に
なるほどな~と思うことがありました。

後半近くの電車に乗るときのシーン・・・


黄味の強くないベージュのベルテッドのロングコートに
焦げ茶(チョコレートブラウン)のボウタイブラウスを
合わせていました。手袋はブラウスと同じ色合いの焦げ茶。
その、外が薄くて中が濃い合わせ方も素敵だと思いましたが、
(濃い色がお顔に映える方は、ですが)
そのときに合わせていた靴とバッグの合わせ方が新鮮だったんですね。

茶系の単色でコーディネートしたら、同じく使った茶系か
またちょっと違う色の茶系で揃えたくなるのですが
そこはひとひねり。靴はブラック。(T字ストラップでしたね。
お洋服全体のクラシカルなイメージと合ってましたね)
それでもしバッグが茶だと靴だけ浮きます。
でも、赤でもなく、黄でもなく、使われたのは
黒の単色のグレーのバッグ、だったんですね。

そもそも、ベースのカラーを黒やグレー系にするか
茶やベージュ系にするかで、服を揃えるのは基本で
調和が取れやすいのですが、茶と黒を上手に合わせるのって
上級だなと思いました。色は別でも、色グループを統一すると
こういう合わせ方もキマるんですね。
服で茶の濃淡、靴とバッグで黒の濃淡。

基本としてはまた違いますけれど
ニュートラルカラー同士でここまで出来るんだなと
印象に残った配色でした。




スポンサーサイト
そのほかカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<嫌な流行といえば | HOME | マフラーリメイク>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。