ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドレスデン歌劇場室内管弦楽団&森麻季

ドレスデン森麻季



大阪ザ・センチュリーホールのコンサートに行ってきました。
ここに行くのは初めて。(画像の奥の建物)
オペラグラスなくても、結構舞台が近い感じ。表情が見えるくらい。

とってもすばらしかったです。

森麻季さんは、どうしてあんなに美しい音色を出すのでしょう。
(声、なんですけど、あえて、音)
あまりにも心地よくて・・・うとうと・・・
・・・寝不足だったから?いえいえ、瞑想です(?)

アヴェ・マリアには熱いものがこみ上げるようにじーんとしました。
メロディなのか、込められているものなのか、すごく美しかったです。

今日は、演奏中もそれから合間はものすごく、咳をする人が多かったです。
そういう季節なんでしょうけれど、そんなに?ってくらい。

★衣装★
前半がシャンパンカラーみたいな光沢のある
白に近いイエローというか薄いゴールドというか。
そして後半は濃いシルバーに黒い菱形の模様と、
胸元から腰にかけてバラモチーフのような流れのあるドレス。
胸につけたアクセサリー・・・よく見えなかったけれどクロスなのかな。
それから腕輪もキラキラしていて綺麗でした。
舞台はああいう衣装を着れるから素敵だな。

★ドレスデンの管弦楽団の方たち★
私はそんなにたくさんクラッシックのコンサートも行ってないし
音楽に博識でもないので、どこどこも楽団は~って語れません。
でも、なんか暖かい、雰囲気でした。音も。

話はずれますが、オーケストラって、男性は似たり寄ったりの格好ですけれど
女性は黒い服の中で、個性が出ますね。

最後に、おもしろい演出があって。
クラッシックなのに、オーケストラなのに、イメージ変わります。
こういう風に、誰かを楽しませよう、とする気持ちって素敵。大好き♪

そういう気持ちに触れた、コンサートでした。
スポンサーサイト
舞台・映画・展示など | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ダブルないい知らせ | HOME | 京都伊勢丹 クリスマス>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。