ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

京都・嵐山 花灯路(hanatouji)

日曜日、16日に嵐山・花灯路に行ってきました。
17日の今日が最終日です。17時から20時半まで。間に合う方はぜひどーぞ♪
(3月くらいには東山でやってますね)

心配した雨も降らず、綺麗に出ている月と星は頭上に。
最初は多く感じた人の数も、私たちが行く先はちょうどすいていたりで
結構情緒的で静かな時間。

係の人も警備の人も多くて親切で、迷うこともなく、怖い思いをすることもなく
とってもよかったですよ。
↓この写真はちょっとブレててすみません。
道

続きを読む、でこの日の流れを書いておきます。
画像は基本的にPCでおすすめしているのですが、
今日の日記は特に、画像が多いので、PCからご覧くださいね。ぜひ。
17時に嵐山に到着♪
まず、人より先に腹ごなしってことで「ぎゃあてい」というおばんざいやさんへ。
嵐山辨慶(べんけい)という高級料理旅館の系列。
いつもは庶民派のお値段でおばんざいのバイキング・・・のハズが、
今日は花灯路用に春のコースのみだそうで・・・。(ちょっとがっかりしたものの)
せっかくなので、そちらを。
↓これがおばんざい(京都の家庭のおかず、です)
ぎゃあていおばんざい

こちらに刺身とてんぷらとご飯お吸い物、酢の物、蒸し物、デザートが
ついていました。かなりお腹いっぱいに。

まずは「渡月橋」の方へ。
向こうの山が照らされて木々が青みがかって、まるでのよう。
幽玄な山

橋もライトアップ。
渡月橋


この花灯路は、あちこちのポイントにいろんな流派の生け花の大作がいけてあり
それが結構素敵で、見つけては写真を撮ってました。

家では大作って生けれられませんけれど、こういう場では
大きな作品も生け甲斐がありますね。腕の見せ所という感じ。
そして、生け花展みたいに、ずらっと並んでいるより
こういう風に、空間と調和し共に彩り彩られるのがやっぱり本来の生け花
の醍醐味があるんだろうなと感じました。

そして、夜間拝観があちこちのお寺などで開催してましたが
全部行く時間もないので、ひとつだけ選ぶことに。
選んだのはそのとき近くの「宝厳院」
お庭が綺麗との予想。

筋状のあかりが綺麗でした。
宝厳院1

回遊式の庭園で、何周回ってもOK(一周でやめましたが、笑)
青い大きな卵みたいなあかり。
宝厳院2


ここにはなんと「ねこ石」がありました。
十二支にははずれた猫ですが、ちょっとはずれたところに置いてもらえたそう。

出たところでちょうどシャトルバスが来たので、飛び乗って
「大覚寺」へ。

無料のお茶の休憩でほっこり。
夜の大沢池。もっとうっとりするくらい微妙な空と水の色合いが綺麗でした。
大覚寺1

お寺もより赤くライトアップ。
大覚寺2

桜の時期にまた来たいと思います、大覚寺。
雨が降ったのか、足元がかなりぬかるんでいましたが、池ほとりの竹明かりの道も綺麗でしたよ。

さて、今度は無料ジャンボタクシーで二尊院へ!
・・・と思ったら、20時で最終が終わったとのこと(時計は20時過ぎたところ)
パンフレット確認し忘れてました・・・。(みなさん気をつけましょう)

しばしショックを受け、ニ尊院まではどうやったら行けるか聞くと、徒歩とか言われ・・・撃沈。
市バスならあると聞いて、時間を聞くと20時20分とのこと(--;)。
花灯路は20時30分までなので、着いたころにはどこも見れずに終わりそう。

タクシーならあるかも、でも、ワンメーターだから乗せてもらえるかな~
とか言われながらも、タクシーにすることに。

なぜなら、最後に竹林の小径だけは見たかったから!(笑)
嵐山といえば、竹林。

タクシーのおじさんがいい人で、ちょうどばっちりいい場所で降ろしてくれました。親切♪
(乗せてもらえましたよ)

降りたところで、係のおにーさんに聞くとあと10分で消灯だから
今からじゃ無理と言われましたが
タクシーまで乗ったのに、竹林見ないで終われないっと走ることに。

決して体力派ではない私ですが竹林みたさに、
子どものように走りました(笑)
見れました!竹林の小径。感動。
急いでいたので、写真ブレ気味で申し訳ないです。雰囲気は伝わりますでしょ?
竹林

人生、あきらめないでやってみることで、開ける道もあるものです
やるだけやって、ダメなときは仕方ないですけどね。

見れてよかったね~と急ぎ足で歩いていたら、ライトアップも。
青やオレンジや緑があって、こらは青く照らされた竹
竹青

美しかった~。

真っ暗になるまでには、無事抜けられました。
妙な満足感&満喫感&達成感いっぱい♪
終了の20時30分まで堪能しました。

帰りの駅に向かう途中に桜餅のお店によって、
お土産に桜くず餅↓を買いました。やわらかくて、おいしかったですよ。
桜くず餅


めちゃめちゃミニチュアの桜餅や桜くず餅があって見本かと思ったら
なんと試食用ですって!こちらも販売して欲しいくらい。1.5センチくらいで可愛いかったです。

夜だし、「大人っぽくしっとり」のつもりが、
異様に楽しい夜になってしまいました(^^)

体は疲れても、心は満足♪の花灯路でした。










スポンサーサイト
舞台・映画・展示など | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ビーズ】 merry | HOME | 葉加瀬太郎 Re:>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。