ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【映画】茶々

友達と映画、茶々を観て来ました。


茶々・・・映画村っぽい動きというか演出というか。
血のりと爆発にそう感じました。それから戦い方。独特です。

衣装は綺麗。

気になったのはメイク・・・昔の日本映画がテレビでやっているのを
見たことがありますがこんな感じだったなという感じでした。
狙ったのか、たまたまか、最近の時代物が現代すぎていたのか。

戦いものを見るたび、戦いってむなしいなと思います。
あまりにたくさんの命があっさり失われて。 (とくに兵の)

それから時代と家的に女性として生きていくことの大変さ。
子どもを産むこと、男子を産むことしか評価されなかったり、
幼いときに嫁いで、子どももいて夫とも仲良くしているのに
家の都合で離縁させられて、また違う家に嫁がされたり。
地位の高い人の妻になれば「立場」的に大事にはされるのでしょうけれど・・・。

そういう意味でも、戦いの時代は終わり、ですね。
スポンサーサイト
舞台・映画・展示など | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<Delices du palais タルト | HOME | リメイク紫バッグ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

 織田信長(松方弘樹)の妹・お市の方と、浅井長政との間に生まれた茶々(和央ようか)。だが、時は戦国の世、平穏な日々が続くはずもない。父親は信長に滅ぼされ、身を寄せた先の主・柴田勝家も豊臣秀吉(渡部篤郎)によって殺されてしまう。  その後、囚われの人と... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。