ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

厄年・多様

あまり意識してませんでしたが、本厄なんですね、今年。
厄年は体の変わり目だと聞きますので、体だけは気をつけて乗り切りたいですね。
そりゃ何十年も生きていれば節目節目に体の変化はありますよね。

この年齢になると、生き方って多様だなと感じることが多いです。

学生くらいまでは、結構似たり寄ったりの環境だったりしますが。

私の周囲にも、
結婚している人もいれば、独身の人もいて。離婚した人も再婚した人もいて。
結婚している中でも仕事をしている人もいれば、専業主婦の人もいて。
それぞれの中に、キャリアを積み重ねたい人もいれば、そうではない人もいて。
子どもがいる人もいれば、いない人もいて。
結婚してすぐ出来た人もいれば、15年目で出来た人もいて。
子どもがいるというのも、ひとりの人もいれば3人の人もいて(もっと多い人もいますが私の周囲では)
結婚も仕事も子どもも望む人もいて、望まない人もいて、
もちろん何かを望んでいる人にはそれが手に入ればいいなと思います。
でも、手にはいらないこともあるし、違うかけがえのないものが得られているのも
人生だったり。
今の状況が何十年後にはまた変わっていたり。

私自身が付き合いを、結婚とか仕事とか子どもとかで区切らないので
いろんな人に出会えているんだと思いますけれど、出会った人たちは
それぞれ素敵だから、これが万人に正解っていうのはないんだなってつくづく感じています。

多様なのっていいな。
心に通じるものがあれば、年齢が上とか下とかも関係ないというか
友達になれるし、学年の関係ない人間関係が持てる今の年齢を愛してます。
個人的には、若さって素敵だと思いますが、自分が昔より今の方が好きだし
見えるもの分かることも増えてきたし、何より、年上に素敵な人がいっぱいいるんですね。

だから、年を重ねることもそんなに抵抗ありません。
見習って、上手に重ねなくてはとは思いますけど。内面も。
思えば、10代くらいの頃は20超えるだけでなんかオバサンだわって思っていましたが
その考え自体が浅いというか、恥ずかしい限り。(でも若い頃ってそういうものなのかも)

そりゃお肌は衰えますけど・・・年相応に(できれば実年齢マイナス5くらいで、笑)
綺麗だったらいいかなと思ってます。自己満足でも♪

ちょっと語ってしまいましたが、そんなことを2008年年始に改めて思いました。
私も私の道を、いろんな素敵な人に囲まれながら、今年も歩きたいと思います。

そうそう!いつも読んでくださっている方、コメントくださる方、
それから、どなたか分からないんですけど、こっそり拍手くださってる方、
ありがとうございます(^^)うれしく思ってます。
スポンサーサイト
なんでもないこと | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<柄について | HOME | 大晦日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

厄年厄年(やくどし)は、陰陽道で教宣されている、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。平安時代にはすでに存在し、起源も曖昧だが根強い風習。概要一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳... …
2008-01-09 Wed 12:04 みほの日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。