ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一体どこまで得なのか 私の場合

私は自分の似合う色を知って、本当に得しました。
というか、得しています。現在進行形で。

たぶん分析は受けるときに、みなさん、それぞれ何か目的がおありになると思うのです。
似合う色を知りたいだけのときも、就職活動、結婚式、成人式、
デート、ビジネス、などのために自分が引き立つ色を知りたいとかいろいろ。

そのときの目的を達成したら終わりかと言うと、そうではないんですね。
それ以外の日常も、ずっと使える、んです。
そのことに気づくのは、受けた直後より、受けて取り入れて利用して活用して
はっと気づくと、たくさん役に立ってるなと感じるものだと思います。

私の場合は・・・


服も悩まない(どれにするか程度は悩みますけど)、メイクも悩まない。
着てみたり付けてみて変というのではなく、似合う中から選べる。

また、分析前に選んだコートで色を間違えたものがありますが
コート系は高いのもあってなかなか手放せません。
(そのとき急ぎで必要で、一番欲しい色合いがどうしても見つからなかったから
仕方ないのですが、でも、やっぱり合う色だったらもっとよかったですね)

それを着るときに、どうやったらそれを着て他の要素で補えるか考えることもできますし、
新しくコートを買うとき、結構いいお値段だったのですが、間違いなく自分の色だったので
迷わず買うことが出来ました。

すでにそこで、分析料を取り返してお釣りがくるくらいですが
他にも靴もセーターもTシャツもですし、余分なメイク用品は以来出てません。
メイクは好きだったので、似合う色もですが似合わない色も冒険心でいろいろと
試しました。だいぶ捨てましたが、今でも使わないものがたくさんあります。

数えるとキリがありません。

美容室でも明らかに似合わない色は避けてもらえるので
なんか気に入らない、なんだか(髪のせいで)顔色が悪いということがなくなりましたし。

いつも言いますが、似合う色グループ同士は調和の関係なので組み合わせやすいです。
なので、なんとなく見たから、誰かが着ていたから、お店にあったからで
選んだ服が雑然としているよりずっと扱いやすくなりました。

好きな色、買いたい色をあきらめるときって、色のこと知らないとなんだかイライラ
するんですね。でも、理由を知っていると、そのイライラもなくなります。
我慢じゃなくて、似合う人に譲る気持ちになれるんです。
その分、自分には似合う色があって、その色で自分が素敵に見えることが分かると。

私も最初のきっかけは、肌が映えない色(映える色)の理由が知りたいことでした。
なぜなの?なぜなの?って疑問がいっぱいの頭で。
それはもちろん解決されたのですが、その後が一番楽しかったし、今も楽しいです。
(その楽しさをお伝えしたくてやっているわけなのですが)

流行や衝動に流されないことで、心に余裕ができます。そこが個人的にはお得でした。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どこまでお得なのか 彼(男性)の場合 | HOME | 『気品のコツ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。