ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

good life の 冨田リカさん

Dinosのグッドライフというカタログが届きました。

何気なしにパラパラ見ていたら、
読者モデルで有名な冨田リカさんと伊藤まさこさんのインタビューが載っていました。

伊藤まさこさんのお話も、特別なキレイではなくて日々のキレイさを大切にしていて
とても素敵だなと思ったんですけれど、カラーをやっている私の目をひいたのは
冨田リカさんのこの一言。

「好きな色ではなく、自分に似合う色を知っている。
それが大人の女性の特権ですよね」


そうそう、そうなのですよね。

好きな色っていうのは、「好き」か「嫌い」かだけなので
自分をそこに当てはめなくてただ、感覚で感じる色ですが
似合うか似合わないかっていうことには
自分もそこに投影できるか、客観的に自分を見られるか、ということになってきます。

色だけではなく、そのように物事を見るためには
好きか嫌いかだけではなくて、相手に似合うかを見てあげたり
自分がしたいかしたくないかだけではなく、相手はどうしたいのかとか
そういう風に一歩引いた目線が必要になってきます。

もちろん、何色が好きか分からない、何が好きなのか分からない
というよりは、この色が好き、~が好きって分かっている方が素敵です。
その一歩先に、それが自分のよさを伸ばすものか、引き立てるものか
感じられたら、ストレス減りそうですよね。

似合う色というのは、自分のキレイに見せて、元気に見せてくれる色。
そういう風に見せるのは、家族や周囲に対する思いやりにもつながると思います。

40歳から読者モデルにチャレンジされた冨田リカさん。
何歳から遅いと考えるより、何歳でも出来ることをやってみようという気持ち素敵ですよね。
いままで着た事ない色着てみたり、いままでやってみたことないことやってみたり、
何歳でもはじめてみてください☆ 応援してます。
スポンサーサイト
そのほかカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<21枚? | HOME | どこまでお得なのか 彼(男性)の場合>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。