ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

着物とパーソナルカラー

パーソナルカラーを生かすのは洋服で
和服は関係がない、というお話もたまに耳にします。

たしかに、和の色使いっていうのは、洋服の調和とまた違ったり
することもあって、独特ですが、私は関係がある、と思っています。


洋服のプリントだって、同じ系統の色だけで構成させているとは
限らず、特に、背景が黒とか白の場合、ある程度
シーズンをまたがって配色されていても、あまり違和感を感じない
ということもあります。どの色が影響が大きいのか、はありますが。

和も同じで、いかにもひとつのシーズンでイメージを作ってるような
配色もあり、黒や白やニュートラルカラーに近い地色や
はたまた金や銀を上手に使って、いろんな色を使っているものもあります。

色っていうのは、不調和を起こしやすい色が隣接して並ぶと
美しく見えないのですが、その間に、黒や白などを挟むと
大丈夫なことあるんですよね。洋服のベルトのテクニックにもいえますが。

そこでイメージとして大きなものは、地色の色や、
大きな面積で使われている色、になると思います。
そこが自分のシーズンならば、結構着こなしやすい。

着物もひとつの作品だったりしますから、顔映りがどうとか
その人の人柄がどうとかではなく、シチュエーションや
それから着物が主役のようなときは、パーソナルカラーは
気にしてないかもしれません。

でも、それは洋服でも同じことで。

だけど、つきつめていけば、その着物のよさを生かす人、
またはその着物を着ることで、引き立つ人、がいると思います。
そして、全体の色や柄はその人の雰囲気に合っている方が美しいと思います。
どちらが主役か、ってことですけれど。

誰々の作家さんの作品で、それが主役にしたいというか
見せたいこともあるかと思います。それも悪くない。

でも、自分が主役のときは、自分がきれいに見える方がいいですよね。
はんなりした色合いのものが似合う人。
きりっとした粋な雰囲気が似合う人。
また、ざっくりした地味なものだけどすごくそのよさが出る人。
柄の大きさはどう?小物の色合わせはどう?

もちろん着ていく場とか、格とか、ありますけれど。
それは洋服でも同じですしね。

そして、着物ならではのものといえば「半襟」
これが顔と着物との間でひとつのクッションになるのですね。
なので、多少着物が自分のカラーではなくても、
それなりに見える秘訣もここにあります。
(これはお洋服でも言えることですが)

半襟のお話はまた次に。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。