ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パーソナルカラーの誤解

パーソナルカラーをまだご存知ない方が、その名前を聞いて
そして「似合う色」だと聞いたとき、よくあるのが

その場で、じゃあ何色が似合いますか?と聞いてしまったり、

私のラッキーカラーは何ですか?と聞いてしまったり。

ありませんか?
知らないゆえなので、仕方ないのですけれど。

ラッキーカラーというのは、ある流派のところではあるようですが
それが何を指すのか、それがパーソナルカラーといえるものなのか、
残念ながら私は存じ上げません。

ただ、その人の希望や心理的に、パーソナルカラーの中でこういう色はどうかとか
パーソナルカラーの中でより、その人のよさを引き立てる色はお伝えしたりします。

占い的なラッキーカラーとなると、それは占いでやっていただくしかありません・・・。
ごめんなさい。

そして、その場でっていう場合、その裏にあるのは
プロならぱっと見たら分かるんじゃないの?ということになると思うのですが・・・

たとえば、美容師さん相手なら、そこが喫茶店でお喋りしていたとして
その場で、似合う髪形くらいは聞けても、切ってもらったりカラーやパーマは
出来ませんよね。さすがに頼まないと思います。

美容室で、いえ美容室でなくても、ハサミとか鏡とかクシとかいろいろ必要ですよね。
それが料理人なら、やっぱりキッチンが必要で、道具が必要で材料も必要ですよね。
占いでも、タロットならタロットのカード、西洋占星術ならそれを読むためのホロスコープ、
その他でも同じく、必要なものがあるはず。

その場に行って、必要な道具や器具を使って、きちんとやる必要がありますよね。

パーソナルカラーを初めて聞いて知らないのなら仕方ないんですが、
パーソナルカラーもそうなんです。
ぱっと見で分かることではなくて、きちんとした光の下で
手順を追って、器具や道具を使って、テストもする必要があります。
時間をかけて。
それでやっと、正しいものが分かるものなんです。

ぱっと見で分かったら・・・それらがいらないってことで、
むしろ、パーソナルカラーというもののプロの意味がないんですね。

なので、冒頭のような質問をされても、
「分かりません」と答えるしかないですし、それが適当に言うよりも
誠実だと思います。




スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『山桜』 | HOME | ヨガで次に筋肉痛になったのは・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。