ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

上村松園

20080810223042
松柏美術館へ行ってきました。

北九州市立美術館の話(ミレイ)が書けてないままですが、
8月末に東京でミレイの展示が始まります。

さて、松柏美術館。
いまは下絵の展示がやっていて、本作品の前の段階の下絵で
どういう風に試行錯誤していたのかが見えて
ちょっとおもしろそうだなと思っていました。

上村松園とその息子・松皇(皇に草冠)、さらにその息子・淳之の
作品が展示されている美術館です。
日本画って美しいと初めて思ったきっかけでした。

個人的には松園の美人画が、なんとも言えず風情があって好き。


松園は女性です。時代的に女性が絵の修行をし貫くのは
同僚や世間から嫌がらせなども受けたようですが
(展覧会で作品の顔に落書きをされたこともあったそう)
ただ一心に仕事をした姿勢とそこまで好きな気持ちは素敵だと思うし、
そうじゃなくても、美人画に漂う線の美しさ、単純に好き、だなと思います。

今日は松園の『花がたみ』という絵が目的でした。
ちょっと怖いような、美しいような、狂気の絵なのですが
物悲しさがあります。

下絵の目元は怖いのですが、絵になったほうの目元は
美しさが加わっているように感じました。
そういう部分も含めてミレイのオフィーリアを思い出しました。

ミュージアムショップでは、日本画のハガキや封筒便箋などの
グッズが置いてあって、その中には他の画家のものもあります。
私は速水御舟(はやみぎょしゅう、と読むそうです)が
なんだか好きでした。薔薇の絵が優しい感じです。

松柏美術館、一度行ってみてくださいね。日本画も素敵です。

敷地内で見かけた花。マゼンタ色、夏の日差しに染み入ります。
パーソナルカラーの夏の色合いは淡い色が多いですけれど
夏の赤はマゼンタ系の色があるというのは、納得ですよね。

20080810223045


20080810223047

今日通ったところで見かけた花。淡い黄色にひらひらふわふわした花びらが綺麗でした。



スポンサーサイト
舞台・映画・展示など | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やっとお目見え | HOME | お顔の印象、ねぇ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。