ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

半襟は白?

いよいよ着物の半襟の話。

着物の半襟はお洒落着のときは、いろいろな色や柄がありますが
基本は白ですよね。(振袖などのときの重ね襟はまた別として)

この白。

白と言ってもいろいろな白があります。

昔、着物の雑誌か何かで、こだわりの着物派の方が
「半襟は、買ったばかりの白は顔がきれいに見えないから、
少し洗濯して優しい色合いになったくらいのを愛用してます」と
おっしゃっていました。

また別のときに見かけた方は
「ポリエステルの青いくらい真っ白が実は好きなんです。
私にはこれが一番顔が生えます」と
おっしゃっていました。

そのときは、どちらが正しいのだろうと思ったのですが

パーソナルカラーを勉強して実感したいまは分かります。
『どちらも正しい』のです。

これは洋服でも言えることで、
あるお洒落な人が私はこの色にはこの白にすることにしてます、とか
自分が一番きれいに見える白を知って紹介していることがあります。
そうすると、その人に憧れる人は、自分も同じように真似しようと
するのですが、そこに問題があります。

同じ白でも、自分がきれいに見えるとは限らない、ということです。

真っ白がいいのか、ソフトな白がいいのか、
キナリがいいのか、アイボリーやクリームか。
(白に限りませんけど、他の色でも)

似合う白を知っていたら、デザインが気に入ったとき似合う方を選べますよね。

上の着物の達人たちや、洋服のお洒落な自己分析の達人の人たちは、
いろいろと試して失敗して、経験として似合う白をつかみとったのでしょう。
こちらのほうが顔がぱっと明るく見えるわ。
これだとなんだか顔が黒ずんで見えるわと。

メイクをどれくらいするのかでも多少変わりますね。
しっかりカバーできるときは使える色でも、
日常でノーメイクに近い素肌でざっくり着たいときには
肌が綺麗に見える色にこだわったり。

おそらく、青いくらいの真っ白がいいっておっしゃっていた人は、
パーソナルカラーでいうと
冬が一番可能性が高いでしょう。(あくまで可能性)
もしかしたら真っ白も似合うほかのシーズンの方かもしれませんが、
冬以外のシーズンの方は基本的にはオフホワイトの方が似合います。
そして、その方たちに似合う色合いにも、真っ白よりもオフホワイトやクリームの
方が調和したりするのです。ですから、そちらをおすすめします。

少し洗濯して柔らかい色合いになった白がいいわっておっしゃっていた人は
冬以外の人でしょう。
黄味があるくらいなら春や秋の可能性が高くなるでしょう。

白なんて無難な色だから、パーソナルカラーは関係ないと思われるかもしれません。
関係ある、のです。
また、パーソナルカラーの見地からいうと、白以外の半襟だって
いまはいろいろと大正浪漫風など可愛いものがありますけれど
これも、ご自分のパーソナルカラー(や柄)のものが
よいのは言うまでもありません。

それは私が試しました。夏の私にからし色は似合いにくいのですが
見た目のかわいさでからし色の半襟を買ってしまったのです。
着物とのコーディネートは完璧。ただし、私のお肌は透き通らない・・・。
色遊びも楽しいですけど、できれば、きれいに見えるほうがいいですものね。
以後、反省しました(笑)ちょっと大人っぽくしたかったのです・・・。

この白に関しては、男性の着るシャツ、そしてなんといっても
結婚式で女性が着るウェディングドレスにも同じことがいえます。

大事なのは、「自分が引き立つ白」。

せっかくの純白でも、お肌がくすんでみえたら、一番きれいでいたい日に
もったいないと思うのは私だけでしょうか。
あなたに似合う白、見つけてくださいね。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。