ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なぜパーソナルカラーなのか

パーソナルカラーがなんだ、自分の好きな色着ていたらいいじゃない。

そういう意見あると思います。
それに対して、答えるとしたら・・・いいんじゃない?

だって・・・そう言い張る人に無理に着せるつもりもないですし。
好きな色が着たいんだって言われたら、着てくださいとしか言えません。


ただ、なぜパーソナルカラーをおすすめするかというと
お肌に調和する色だからです。つまり、あなたのお肌とのハーモニーなのです。
音楽でもそうですよね。いいハーモニー、いいメロディっていうのは
調が多少違っても、心地よくて、人を心地よくさせます。

不協和音は何か不安にさせたり、気味悪く感じさせたり、します。
調和していませんから。

それを音楽的には、あえて利用したり、それでおどろおどろしさや
不安感を表現したり、できるわけですけれど、
おしゃれでそれをする必要があるでしょうか。

世の中には、大きな音を相手が好む好まざるに関わらず
自分が聞かせたいからで外にまで鳴り響かせている車とか
どう見られようと、むしろ、怖がらせようとしている威嚇のファッションも
ありますけれど、それは、パーソナルカラーとは別の世界です。

おしゃれって誰のためにしますか?なんのためにしますか?
まずは自分のためです。次はコミュニケーションしたい相手のためです。
自分がきれいに見えるとうれしいですよね。自分のためになります。
自分が健康的で感じよく見えると、相手もほっとしますよね。相手のためです。
パーソナルカラーって自分を大切にして、相手を思いやるものなのです。

自分のため、ではありますけど、本当に本当に、この世にひとりきりならば
おしゃれしたり、清潔感のある服装をしたり、気にかけるでしょうか。
人は見かけじゃないといいますけれど、道を聞こうと思うとき
わざわざ怖そうな人に話し掛けるでしょうか。

好きな色を着る。それは自分の心にいいことです。
だけど、それが似合っていればいいけれど、それによって顔色が悪く見えていたり
血の気が失せていたら・・・それでもうれしいでしょうか。
鏡を見たとき、嫌になりませんか?
また、元気なのに、誰かから「今日調子悪いの?」って心配されたら
楽しいでしょうか。

逆にその色を着ると、顔色が明るくなって、誰かから「今日はきれいね」
「素敵ですね」って褒められたら、一日が楽しくなりませんか?

そういう意味で、似合う色を着るというのは、自分にも相手にもメリットが
あることなのです。

自己中や自己満足で終わるのではなく、
どういう色が似合うのか、どういう雰囲気が似合うのか
客観的に見ること(見てもらうこと)から、本当の美しさは始まります。
自分のよさ(似合う色)に気がついて、欠点(似合わない色)を知ることで
あなたの素敵ははじまるのです。

縛られる、のではなく、活用、しましょう。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。