ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

違ったシーズンを着たときにどう見える?2

では春の色。
春の色を、春の方以外が着るとどう見える恐れがあるでしょうか。
(この場合、顔の下に持ってきた場合のお顔の見え方と思ってくださいね)
とっても黄味も強くて、鮮やかな春の色を春の方以外が着ると
顔がまっ黄色に色づいて見えることがあります。本当です。
不思議なことに春のシーズンの方だと、色によって多少は黄色がのったとしても
そこまで「まっきっき」にならないんですね。頬などの血色も綺麗にでます。

また、ときには黄色黒く見えることもあります。

そして影響は「色」だけと思われがちですが
色の影響って、色以外にも形にも影響したりしますよね。
同じ大きさなのに大きく見えたり小さく見えたりすることってあるでしょう?
それがお顔でもあります。

また肌の質感がなめらかに見えたり、見えなかったり。(悪影響の場合は後者ですね)

似合う色は欠点が目立ちませんとよく言いますが
欠点と思ってないくらいのものが、違うシーズンの色のときには目立ってびっくりすることもあります。
たとえば、普通にある毛穴がより目立ったり、とくに目立ちもしないシミが浮いてみえたり、
年齢の勲章よ♪って思っていたはずの綺麗なシワまで恐ろしく見えたり・・・

好きだからって、それでも着てしまいますか・・・ということなのです。
着るなら着るで、使い方場所など「知っていれば」テクニックで補えるんですが。
スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<違ったシーズンを着たときにどう見える?3 | HOME | 違ったシーズンを着たときにどう見える?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。