ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

メイクの色は心のままではいけない

心に惹かれる色ってあるでしょう。

ケーキを選ぶとき、ダークブラウンのチョコも好きだけど
今日は鮮やかな色とりどりのケーキにしようとか、
ハンカチ一枚買うにしても、ピンクよりイエローグリーンにしようとか、
お花屋さんにふらりといって、梅雨の時期にぴったりな
パープル系のグラデーションの紫陽花を買ったり花束を買ったり。

そういう色の楽しみ方って、素敵だと思います。
心の思うまま、惹かれるまま手にとって、買っていただいて構いません。
(お金のある限り、笑)

けれども、大切なのは、目で見て綺麗と思う色と
肌に載せたときに綺麗な色とは別、ということ。

それがメイクをするときに言える事です。


色とりどりのパレット。自分の好きな色で出来たものを選ぶ。
そうすると、気持ちは満足するでしょう。
ポスターの、好きな女優さんの使用色そのまま買う。
それで、憧れの女優さんに近づいた気持ちでワクワクするでしょう。

そのこと自体が悪いとは思いません。気持ちは大切だから。

でも、メイクする目的はなんでしょう?
「綺麗になるため」ではないでしょうか。

お洋服でも好きな色が似合う色とは限りません。
メイクも同じです。

つづきは明日。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。