ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分以外のシーズンは着れるの?2

これは個人差もあるし、黄みや青みか、以外にも彩度や明度が
関わってくるので、絶対にこうとは言えません。
(つまり、強くて深みのある色が似合う冬の人が、
同じブルーベースの夏よりも、鮮やかさの強い春の方が
一見よく見えることもあるということです。あくまで一見ですが)

黄みや青みの調和を考えると、
同じベースで組み合わせた方が調和します。

顔のすぐ下にくる色は自分のパーソナルシーズンにして
「カラーコーディネート的」には同じベースのほうが調和しやすいと言えます。
つまり、夏と冬、春と秋ということになるのですが・・・
ただし、それはあくまで肌を無視した「色彩調和」において、です。
顔周り以外のボトムなどには、使えるかなーって程度で
一番いいのはご自分のパーソナルカラーの範囲、です。

私の扱っているシステムでは、そのシーズンの色見本には215色
それぞれの他のシーズンっぽい色や濃いのも薄いのも考えて作られているので
その範囲で組み合わせれば簡単です。
なので、あえて違うシーズンは勧めません。(間違えるモトですし)

たまに二番目のシーズンということでこちらの色合いも似合いますと
アドバイスするシステムもあるようですが
そうすると手持ちの服同士のコーディネートが難しくなると思いますし、
あえて二番目のシーズンを着る必要も、実際の魅力UPもないと思うので、
私はそのようなアドバイスはしません。

肌に合う「だけ」の色アドバイスだけじゃなくて、
ワードローブの揃えやすさにつながるような、提案のほうが
結局はその方のためになるかなと思いますから。

タレントさんなら役作りのため、違うシーズン着ていそうな方もたまに見られます。
(実際にその方を分析してないから、そうだろうなという推測ですけれど)
それは、自分が一番キレイというよりも、
そのドラマなり映画を作り上げるための手段の一つですし
見た目の色だけじゃなく内面から役を作り上げるのでいいと思います。
一般の人は、その人がよく、綺麗に見えることが大事です。

話はもどって、
夏の人が冬の色を着れるか、
春の人が秋の色を着れるか、という問題。

私の意見はNOです。個人差とか微妙なことはありますが
基本的にはおすすめしてません。
それは・・・続きはまた明日。
スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。