ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分のシーズン以外の色は着れるの?3

私は夏ですけれど、パーソナルカラーを知る前は
冬の色も好きで、着たりしてました。
思い描くイメージはあるのですが、どうも自分がそうならない ことに
疑問を抱いていました。
深い赤の口紅をつけたりしてみても、しっくりこない。
(自分でね。他の誰かに言われたわけじゃないですが)
どれだけ、雑誌やタレントのマネをしてもダメ。

なぜでしょうか。

応えは簡単。それは私が夏だったから。
それは、みなさんが、「この人素敵」とか「このメイクや服の色、素敵」と
思ってマネしたはいいけど、なんかしっくりこない・・・場合も同じ。

たぶん、逆に真性の冬の方が夏の色をきても、顔色が色あせてみえてしまうと
思います。冬の人にはある程度強さが、美しさを引き立てますから。

そしてこの間分析した春の方なんですが、
私はうっかりメイクのとき、アイシャドウの最初のひとハケを
秋のパレットから取ってしまったんですね。

分析は分かりやすかったし、間違いないはずなのに
メイクの色を載せたとたん、「あれ?」って思って。
そこで気がついたんですけれど。

もちろん、色によっては同じベースの色なら使うこともできますし
イエローベースの人がブルーベースの色を使うほどの
悪影響は出ません。そのはず。

だけど、やっぱり「キレイ」って思わなかったんですね。
そこで、春の色に塗りなおしたら、やっぱりすごく肌が生き生きして
綺麗で。やっぱり色って大事だなぁとしみじみ思いました。

私は人のメイクしながら、色がハマったときの綺麗さにうれしくなっちゃうのですが
そのときもそうでした。似合う色ってそういう力があるんですよ。

その方は、ご自分でおっしゃるには、年齢も上がってきたし(まだお若いです)、
既婚で子どももいるので、ちょっと落ち着いた色ばかり着たり
メイクするようになっていたそうで、当日の色がひさしぶりに
鮮やかな方だったそうです。

でも、それでもこんなにしっくりくるのですねと喜んでました。

この方、落ち着いてらっしゃるし、実行力もあるし、
かわいらしいキュートというよりは、カッコよくスタイリッシュな雰囲気の方が
お似合いなのですよね。春の色が似合うけれど、カッコイイ方なのです。
雰囲気だけだと、ついつい秋の色を着てしまったり似合うと言われたり
する可能性もあります。
けれど、本当は、春の色で、カッコよく(簡単に言うと)が素敵なんですね。

そうなのです。浮いて見えたり、派手に見えるのは
色が間違っているから、という可能性が大きいのです。
落ち着いたメイクやおとなしめにするときだって、
ご自分のシーズンの茶系やピンクがありますもの。
それを使ってイメージに近づける、と、お肌を損ねません。

なので、他のシーズンの色に惹かれるとは思いますが、
ベースはまたがないで(重ねると不調和起こします)
自分のシーズンで自分らしく、時には(お好みなら)いろいろなイメージを楽しむ、
そのことを大切にされると、いいんじゃないかな~と思います。

スポンサーサイト
パーソナルカラーのお話 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。