ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【舞台】ジェーンエア

20090903111704


観てきました。
女優としての松たか子さんが好きなのと、ジェーンエアの強さが好きだから。

日生劇場。たぶん初。
いつもと違う劇場というのも
なかなか面白いです。内容とは関係ないけど。

直前に取ったわりには2階中央の席で
いい環境で楽しめました。
ラッキー♪

松さんはあんな強い歌声も出るんですね。


舞台では伯爵とジェーンの愛よりも
ヘレンとの友情、
そしてヘレンの憎しみに憎しみで返さず耐えて赦す
という清らかな精神に
涙が止まりませんでした。
ジェーンはヘレンに出会ったから
強いだけじゃなく憎しみに憎しみを返す
ことを手放せたんだと気づきました。

ヘレン役はさとう未知子さんという方。

また、憎まれて疎外されてもつらくても
愛を持ちまっすぐ生きるジェーン

それから叔母との確執。
許されるものではないにしても
叔母なりの苦しみや
(憎しみってすごいエネルギーだと思うのです。
しかも一生なんて)
伯爵の子どものことで母親の罪はないと語るジェーンに
胸をつかれ、また打たれました。

私は清らかにまっすぐ生きられるだろうか
そして時に不条理な憎しみに慈しみで返せるだろうか。

自問自答しました。
スポンサーサイト
舞台・映画・展示など | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<横浜美術館 | HOME | きりん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。