ナナイロの人生

パーソナルカラーできれい、社会を明るく☆ ビーズ&ワイヤーアクセサリーを作りや猫との時間やアートや日常も楽しく。 アフィリエイトも。あなたにプチはっぴぃをお届け♪HPはリンクのcolorful☆salaをご覧くださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

森の人魚の恋



フォトグラファーいずやんさんから、届きました。

写真はいずやんさんで文章は私が書くコラボ予定でしたが、
試験的にフォトブックを作ってみたよと連絡くださり、送ってくださいました。

私が思い描いた世界とはまた少し違うというかこの後の世界だったのだけれど、
いずやんさんがイメージされたのはこの前までで、こういうイメージだったんだなとそれはそれで。

いつの間に、って最初びっくりしましたけど。

友達も昔の銀色夏生さんみたいな雰囲気だねと言ってくれました。優しくファンタジックな感じ。
デビュー前の森高千里さんが出ていた詩集、なんでしたっけ。あれ好きでした。
あんな印象だったと。

写真の色もグレイッシュで青が引き立って綺麗。

私も、ずっと温めてきたこのテーマをどう表現できるだろうと
着物をいろいろ探したんですけれど、手持ちの中になくて
この青レースの着物を見つけて、この作品のために買いました。

kissteという一枚ずつしか作って販売しないお店の着物だから
世界にひとつなんですよ。人魚っぽいなと思って。

金魚みたいに兵児帯ヒラヒラ。

青とブーツのイメージはいずやんさんの希望で。

写真はいいんだけれど、あまり想いを作らないでイメージで
撮っていたので、やっぱり想いを作らないといけないなと写真見て反省。

そのときの心情を覚えているので、ちょっとズレがあるんです。

本人だから思うのかもしれないけれど。

私は今回は服を売るためのモデルではないし、自分が可愛く撮られたいのでもなく
物語が流れてくるような写真ができたらいいなと思っていました。
ポートレイトやファッションとはまた違うんだなぁ。
ひとくちに写真って言っても、何を伝えたいか伝わるかは幅が広くて奥が深い。
改めて写真という静止画の魅力を感じました。

初の試みで、おもしろかったです。

以前このブログでもお知らせしていた写真展で置いてくださっていたんです。
行かれた方は見る機会あったかもしれませんが、7月3日で終わってしまったので
見ていただく場がもうないですねぇ。
興味ある奇特な方いらしたら、いずやんさんか私に言ってください。

こういう形になるっていうのは嬉しいことで
大切にしようと思います。

いずやんさんありがとう。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<きもの日和 カナカナ開店前 | HOME | きもの日和 パームカフェ>>

この記事のコメント

うわぁ~!素敵!
いいなぁこんなふうに撮ってもらえて、作品として残してもらえて。
自分のいいところがうまく出ている1カット、ずっと残せるなんてうらやましいです。写真っていいですね。

この写真、ナマで見たいなー。
いつかまた、ゆっくり会えるときに見せてくださいね(^^)
2011-07-07 Thu 21:20 | URL | hitomi [ 編集]
返信してなくてごめんなさい。ありがとうございます。
ほんとうに、こういう風に撮っていただけて、いい記念になりました。
写真をただ綺麗に撮るだけじゃなくて、どういう世界にしたいか色にしたいか
話し合って一緒に作ったことが楽しかったです。
2011-09-09 Fri 10:46 | URL | sala [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。